申請書類・窓口 古物商許可申請代行サポート

古物商許可申請書類・窓口

古物商許可申請窓口

古物営業を始める時は、営業所の所在地を管轄する警察署の生活安全課に許可申請をして公安委員会の許可を 受けることになります。なお、複数の都道府県に営業所を存在させる場合は各都道府県ごとに許可を要します。

全国の警察署を検索するにはこちらから 全国の警察署

古物商許可申請書類

古物商許可の申請書類には法定書類と管轄警察署の独自の必要書類とがあります。法定書類は 各警察署であまり違いは無いのですが独自の必要書類は各警察署によってさまざまに違います。この書類の違いも 許可申請において苦労するところです。どの警察署でもほとんど違いのない書類としては下記の表に記載しておりますのでご参考にして下さい。

必要書類 個人申請 通数 法人申請 通数
古物商・古物市場主許可申請書 必要 正副各1通 必要 正副各1通
住民票 申請者本人と営業所の管理者全員 正副各1通 監査役を含めた役員全員及び管理者全員 正副各1通
身分証明書 同上 正副各1通 同上 正副各1通
登記されていないことの証明書 同上 正副各1通 同上 正副各1通
誓約書 同上 正副各1通 同上 正副各1通
略歴書 同上 正副各1通 同上 正副各1通
商業登記簿謄本 不要 ーー 必要 正副各1通
定款の写し 不要 ーー 必要 正副各1通

※その他、必要な書類は警察署、取り扱う商品などによって違いがあります。

<古物商許可に関するご依頼・ご質問はお電話又はメールフォームから>

 
運営:山口行政書士事務所 営業時間:AM9:00~PM7:00(土日も休まず営業中)

ご依頼フォーム 無料相談